FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ラディッキオの苗植え :: 2018/08/08(Wed)

ヴェネトを代表する冬野菜である、トレヴィーゾ産ラディッキオ。寒い寒い冬の時期にその旬を迎えるこの野菜だが、苗植えはこの真夏の時期に行われる。

7月から8月初旬の作業につき、私の通うベッリア家も今週がその作業のピークを迎えている。自宅敷地内約3ヘクタール分以外は、連作による被害を避けるため、数年ごとに土を変える必要があることもあり、地域内各所に畑をもつ。それらを少しずつ苗植えの時期をずらすことにより、収穫時期のコントロールをする。

この日は、そのなかでも大きな土地のひとつ、16ヘクタールの畑の苗植えだ。大きな畑だけあり、この日は苗植え用のトタクター2台を投入、約15名により畑をつくりあげる。

苗業者のトラックも直接畑に到着。

DSC_0017_convert_20180808163552.jpg

とにかく、雨が少ないこの連日、畑の土はカラカラに乾いている。この土地の特徴ではあるが、これが水を含むと、粘土のように重い土に変わる。

作業は、苗植え用のトタクターに作業員が座り、各人の前に設置された苗をひとつひとつ機械に設置された溝に入れる。

DSC_0033_convert_20180808163636.jpg

DSC_0035_convert_20180808163650.jpg

これがトラクターの前進とともに回転しながら下部に移動、機械の下方では、2本の歯で土に溝をつくりながらそこに落としていく。

DSC_0018_convert_20180808163607.jpg

DSC_0023_convert_20180808163622.jpg

DSC_0053_convert_20180808163704.jpg

ゆっくりゆっくり機械との歩調を合わせながら前進する。

もちろん、取りこぼしもあるので、常に人が後ろから機械の後を追い、うまく植え付けができていない箇所にはひとつひとつ手で植えつける、というフォローが必要となる。

とにかく、暑い。何度も水を補給しながら、全身、汗と埃まみれになりながら作業が続けられる。連日の暑いなかの作業のため、1日が終わるころには疲れ果て…

苗植え作業が終了すると、すぐに収穫に向けた畑の手入れが続く。土地の生産物を支えるには、とにかく年間を通した作業が続く、大変な仕事だ、とつくづくと思う。



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<粉挽き水車の集落のお祭り Molinetto della Croda | top | フリウリのお菓子「ストゥルッキ (Struchi)」>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/980-dbac2cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)