FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



毎年恒例!コンバイの栗祭り Festa dei Marroni di Combai :: 2018/11/04(Sun)

今年も行ってきました。トレヴィーゾ県、コンバーイ(Combai)の栗のお祭り。プロセッコの産地に隣接するこの地域は、ちょうどぶどうの収穫が終わり、一息ついたころに栗の季節がやってくる。

今年は74回目を数える栗祭り。多くの人々が栗を楽しみにやってくる。

DSC_0047_convert_20181101054857.jpg

小さな町はこの期間となると多くの人で賑わう。
栗料理が振舞われるメイン会場のテントにて、まずは栗料理。

栗のパスティッチョ(ラザーニア)と栗入りのスペツッァティーノ(肉の煮込み)。無理やり栗を入れた感のある皿…のような気もするけれど…。

DSC_0062_convert_20181101054949.jpg

DSC_0065_convert_20181101055023.jpg

そして、この日のメインは焼き栗!
アッツアッツのそれを手を真っ黒にしながらいただく。

DSC_0064_convert_20181101055009.jpg

カウンターのお姉ちゃんに食事が終わってから取りにくれば?熱いほうが美味しいわよ。と言われたが、食事代わりにしてでも今すぐ食べたい!とすぐに出してもらった。

これのお供には、トルボリーノ(Torbolino)を。この年の収穫ぶどうのまだワインになりきっていない新種。アルコール発酵は終わっているころだが、まだ濁ったまま(トルビド)だから、トルボリーノという。

DSC_0056_convert_20181101054934.jpg

会場を変えると、こちらは焼き栗のみ専門のテント。大きな大きな鉄鍋で大量の焼き栗を準備する。

DSC_0068_convert_20181101055045.jpg

DSC_0076_convert_20181101060201.jpg

カウンターでは子供たちもお手伝い。ワインだってもちろんサービス。

DSC_0090_convert_20181101055305.jpg

DSC_0097_convert_20181101055339.jpg

栗の定量袋詰め機にて…

DSC_0094_convert_20181101055322.jpg

テント内ではあっちでもこっちでも栗を食べる、食べる、食べる…

DSC_0077_convert_20181101055100.jpg

DSC_0086_convert_20181101055129.jpg

DSC_0087_convert_20181101055248.jpg

DSC_0106_convert_20181101055354.jpg

秋の恒例行事はほんとに例年、何も変わらずに同じスタイルそこにいることが、よい。

DSC_0109_convert_20181101055409.jpg


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<トレヴィーゾ産ラディッキオ プレコーチェ種 | top | ヴェネツィア〜な料理を楽しむヴェネツィア料理レッスン>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/982-cc384838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)