FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



パドヴァの希少な土着品種ブロッコリー :: 2019/01/13(Sun)

野菜ってほんとに面白い。北イタリアに住んでいるから、寒い冬にはより寒い土地ならではのものが面白いのかもしれない。

最近知り合った生産者に、パドヴァ土着品種ブロッコリーがあることを知り、農家を訪ねてみた。

生産地域はパドヴァ南部。ヴェネトには、いくつかの土地固有のブロッコリーが残っているが、これもそのひとつ。

「Cavolo Broccolo Padovano (カーヴォロ ブロッコリ パドヴァーノ)」=パドヴァ産ブロッコリ

DSC_0025_convert_20190113222628.jpg

ブロッコリーは、キャベツと同じ仲間のアブラナ科だが、この品種は言うなれば、一般によく知られるブロッコリとキャベツの合いの子のような形をしている。要は、開いた葉を持つのが特徴。色も、寒い冬野菜特性の、非常に濃い緑色。だが、株の芯のほうにいくと柔らかく甘みが増す。

DSC_0023_convert_20190113222615.jpg

生食にはあまりむかないが、しっかりと火を通していただくのが良い。

低い気温にも耐性のあるもので、霜が降りくらいの氷点下にも耐える。だから、収穫期も遅く、11月の後半から。

それなりに長くパドヴァに住んでいながら、この種のブロッコリーがあるのを今日まで知らずにいたが、市場への出回りは非常に少ない、超希少な野菜
その昔は、出荷の際には、バッサーノのアスパラのように、細い柳の若い枝でこの野菜をしばって出荷していたのだとか。

DSC_0022_convert_20190113222602.jpg

DSC_0019_convert_20190113222655.jpg

同品種を保護し、普及に努める生産者団体が存在し、この種のブロッコリーの生産農家では、交配による種絶滅を防ぐため、各農家にて収穫・出荷のシーズンを終えても、取種用の株を残しておき、開花させて種を保存しているのだそう。畑へは種まきではなくて苗植えをしているので、地元内の苗屋に種を持ち込み、苗まで成長させたものを畑に植苗する。

この日訪れた生産者は、オーガニックの認証を受けており、パドヴァ卸市場にもオーガニック専門業者として、約50生産者とともに協同組合を立ち上げている。

畑では、南部パドヴァ特有のラディッキオもあり、現在、畑にまだ残るものと、軟白工程中のものがあった。

DSC_0009_convert_20190113222532.jpg

DSC_0010_convert_20190113222548.jpg

この地域の軟白工程は、水に浸すのではなく、とにかく日差しから避けて、適度な湿度を与えること。黒いブニールシートの内部には、温度を保つたけに干しワラがかませてある。
この土地に150年以上の歴史を持つ農家の家系という、彼らの話いわく、昔は牛舎の片隅に畑での収穫後のラディッキオが積んであったのが日常だったのだという。牛舎は動物がいるおかげで、真冬でも適度な温度と湿度が自然と保たれていた環境だったから。

DSC_0006_convert_20190113222510.jpg

聞いても聞いてもお宝みたいなおもしろ話がとびだし、聞けば聞くほど面白い。土地ならではの歴史背景が垣間見られるのが、土地固有の生産物なのだと思う。

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ヴィツェンツァの希少なブロッコリー「ブロッコロ・フィオラーロ (Broccolo Fiolaro) 」 | top | モンテ・グラッパのチーズ、モルラッコ>>


comment

 こんにちは!

 アキさんですら知らなかった「超希少」な冬野菜!!新たな食材の紹介をとても嬉しいです。
 火を入れて、塩・オリーブオイルでシンプルに食べても
美味しそうですね!
 自分たちの土地の食材を絶やさないために、多くの苦労が積み重なって食材も歴史・文化が『現在、これから』に、その土地の魅力の食材につながっているんですね。

  1. 2019/01/14(Mon) 18:57:24 |
  2. URL |
  3. ユウタ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

知るべきものがたくさんです。地元の人でも知らないことがあるくらいなので。こういう出会いに恵まれることに感謝してます。
  1. 2019/01/20(Sun) 00:11:15 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/988-43496665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)