FC2ブログ

パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
Cantine Aperte 2018 カンティーナ・アペルタ :: 2018/05/28(Mon)

毎年5月の週末となると、カンティーナ・アペルタといって、イタリア全土のワイナリーを解放した企画が行われている。モヴィメント・トゥーリズモ・デル・ヴィーノ(Movimento Turismo del Vino) という団体がこれを企画する。ワイン産業をひとつのトゥーリズモの一環とし、各地にてこのイベントに参加表明をしているカンティーナを週末に解放し、集客。よい季節でもあることから、かなり多くの人々が週末のドライブがてらにワインを楽しむことのできる楽しい企画だ。

この機会に、カンティーナから直接ワインを購入することもでき、また、大抵の場合が無料でワインの試飲及び食べ物を提供することとなっている。

今年は日曜日の1日をカンティーナ巡りとした。トレヴィーゾ県の東側、フリウリとの州境でもあるピアーヴェ川沿いのあたりを中心に3軒を訪問。

午前中に訪れたこのカンティーナは、地元種のラボーゾを中心に約10種のワインを展開している。午前の早いうちには、まだ訪問者もまだ正気…。到着したらちょうど土壌とブドウ、ワインとの関係についての講義中。長かったソムリエの講習を思い出しながら聞き入る…

DSC_0003_convert_20180528211745.jpg

外では、パニーニなどが振舞われ、カンティーナ内では、自社ワインのデグスタツィオーネ(試飲)が。

DSC_0005_convert_20180528211815.jpg

DSC_0008_convert_20180528211833.jpg

この地区のピノ・グリジョ、カベルネ、メルローをはじめ、ラボーゾにいたっては、スプマンテからパッシートまで…となかなか興味深い商品群。タンニンのしっかりとした個性の強い品種だが、ここ最近はその良さが見直されて注目品種のひとつでもある。

場所を移動し、さらにフリウリ方面、プレマッジョーレ地区へ。

DSC_0017_convert_20180528211848.jpg

もともと知り合いのカンティーナで、ここのソーヴィニオンはとても好み。畑にてまずはデグスタツィオーネを…と促され、いってみたら、もうすでにほろ酔いの人たちでいっぱい。

DSC_0022_convert_20180528211945.jpg

DSC_0031_convert_20180528212030.jpg

ブドウ畑はブドウの花が咲き終わり、実がしっかりとつき始めてくる時期。

DSC_0021_convert_20180528211902.jpg

DSC_0027_convert_20180528212015.jpg

カンティーナに戻り、空いているテーブルに陣取って、ここでじっくりと再度試飲を…

DSC_0042_convert_20180528212045.jpg

この後にももう一軒まわってから帰途へ、と。

天気もよく、楽しい良いイベントな1日。



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
メストレのメルカート(市場)にて :: 2018/05/18(Fri)

陸地のヴェネツィアであるメストレは、ヴェネツィアの様々な公的機能の場所として使われている場所であるが、わざわざ足を運んでまで…とはいかない場所でもある(あくまでも個人的に)。

それでも、メストレの中心地は結構な活気があり、素敵なお店もたくさんあったりするので、たまに行くと新たな発見があったりする場所でもある。

毎朝開かれるメルカートもそのひとつ。パドヴァとはまた違った雰囲気で、ヴェネツィアの雰囲気を持ちつつも、本島のそれとはまた違う感じもあり、面白い。

この日は、パドヴァの郊外で料理レッスンを担当してくれているロッサーナのレッスン催行にあたり、メストレにて待ち合わせ→メストレのメルカートでお買い物をしてからレッスンのスタート、となった。

DSC_0010_convert_20180518160356.jpg

広々としたメルカートは、さすがヴェネツィアという土地柄か、魚屋さんが非常に多い。

DSC_0003_convert_20180518160225.jpg

いくつも軒を並べるそのなかに、ロッサーナの通う魚屋さんで足をとめる。

DSC_0009_convert_20180518160326.jpg

この日のお買い物は、近海ものの、小さな甲イカ。この時期の小さめなイカは柔らかくて美味しい。煮込みにするとトロッとする感じに仕上がる。目的はイカの墨煮。

DSC_0007_convert_20180518160258.jpg

もう時期はほぼ終わりの脱皮ガニのモエーケ。かなりの高額。

DSC_0034_convert_20180518160606.jpg

小さなカタツムリのボヴォレッティは、生きているのであっちこっちにニョロニョロしている。

DSC_0005_convert_20180518160238.jpg

八百屋に行くと、旬のアスパラがずらり。ヴェネトではこれから旬を迎えるピゼッリや、生インゲン。

DSC_0016_convert_20180518160456.jpg

DSC_0011_convert_20180518160139.jpg

DSC_0015_convert_20180518160438.jpg

さくらんぼもそろそろ時期がくる。

DSC_0029_convert_20180518160552.jpg

ヴェネツィア、サンテラズモ島の名産であるカストレウーレも。2番め以降の蕾であるボートリは少し値段も安く、そして大量。

DSC_0022_convert_20180518160525.jpg

DSC_0020_convert_20180518160511.jpg

お目当てのものを購入し、ロッサーナ宅へ。

できあがりの料理を写真に収める前にお腹のなかに入ってしまったものが多いのだが、そろそろ旬が終盤となったカストレウーレは、生のままサラダに。美味しいオイルと塩、胡椒、パセリをふって、パルミジャーナの削ったものを散らせるだけで一皿が仕上がる。レモンをキュッと絞るとさらによし。

DSC_0060_convert_20180518160654.jpg

アスパラはバドエーレ産の白アスパラをリゾットに。

DSC_0053_convert_20180518160640.jpg

イカの墨煮はできあがり写真なしだが、ホタテをオーブンで焼いた、これまた至極の一品も…。

DSC_0050_convert_20180518160619.jpg






テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
バドエーレ産アスパラIGP :: 2018/05/11(Fri)

ラディッキオでお世話になっている農家は、冬野菜が終了すると、今度は春の名産であるアスパラの収穫で忙しくなる。

ヴェネト州でも最も有名なバッサーノ産のアスパラは白のみだが、トレヴィーゾ県下であるバドエーレ産のものは、白と緑との両方ともが生産され、産地呼称であるIGPに2010年より認定されている。生産地区として認定されているのは、トレヴィーゾ、パソヴァ、ヴェネツィア県下の指定地域。

DSC_0403_convert_20180511155050.jpg

DSC_0393_convert_20180511154828.jpg

アスパラの収穫は朝が早い。特に白アスパラに関しては、日の光が強くなる前に行う必要がある。
収穫方法はすでにバッサーノ産のものとほぼ同様、何列にもなった畝の黒ビニールを一列ずつ外し、土の上に穂先が出ているものをめがけて掘り起こす。

DSC_0275_convert_20180511154235.jpg

通常、この畑つくりをするのが冬の終わりである2月の終わりごろ。今年は春先が低温で雨続きだったため、畑つくりがだいぶ遅れ、収穫のスタートのタイミングもずれて心配されたが、その後は気温がグンとあがり、アスパラもどんどんと成長する。

白アスパラは盛り上げた土の中で温度の変化を感じ土の中で伸びる。日光にあたらないので、色素が働かずに白いまま成長する。盛り上げた土表面に出たころには、長さが20㎝以上になっているので、そこでちょうど収穫時期。

DSC_0280_convert_20180511154407.jpg

DSC_0295_convert_20180511154533.jpg

緑に比べて味はデリケート。生産や収穫にも手がかかることから、価格も当然のごとく緑のものに比べて高価となる。

DSC_0272_convert_20180511154149.jpg

DSC_0306_convert_20180511154555.jpg

対し、緑のアスパラは、土の上にニョキニョキと伸びたものを収穫。
こちらは日光をいっぱいに浴びて、いわゆるアスパラらしい野生味あふれる香り豊かな美味しさ。個人的には緑派。

DSC_0377_convert_20180511154642.jpg


DSC_0378_convert_20180511154702.jpg

DSC_0362_convert_20180511154618.jpg

ベッリア家では、毎朝7時から約10人がかりでアスパラ収穫を行う。まずは白アスパラから取り掛かり、緑アスパラまで、約3時間かけて朝の重労働。

DSC_0381_convert_20180511154757.jpg

畑での作業を終えて…次は作業場へ移動。
おつかれさまです。



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
モンタニャーナのプロシュット :: 2018/05/05(Sat)

ヴェネト州にはプロシュットの産地があり、産地呼称であるDOPに指定されている秀悦品がある。パルマやサンダニエーレに比べると、認知度は多少落ちる…が、品質は保証つきのブランド生ハムだ。

パドヴァ南部のモンタニャーナという町を中心とするのが、Prosciutto Veneto Berico Euganeo DOP (プロシュット・ヴェネト・ベリコ・エウガネオDOP)。この地域の丘陵地である、ベリコ丘陵地とエウガーネイ丘陵地にて熟成される生ハムをさす。

1996年にDOP認定を受けていおり、この地域内15自治体にて生産されるもの。認定マークはヴェネト州ならでは、サンマルコの象徴である翼のついた獅子マーク。最低12ヶ月の熟成期間を経て認定マークの刻印がされる。ただし、生産者によってその後の出荷時期は一定ではない。

最も大切な一番の原材料となる豚肉は、この地域および、同地域が位置するパダーナ平原にて飼育されたもの。DOPの認定を受けるには、豚肉のトレーサビリティも管理されているので、世界各所から集まる豚肉から製造されたものは、同認定マークをつけることは認められていない。

この日に訪れたのは、モンタニャーナの旧市街地のほど近くにある、BRIANZA社。もともとサラミ工場として創業されたものが、プロシュットに特化したのが2000年のこと。比較的大きな工場ではあるが、完全なファミリー企業で、ご夫婦の3人の息子さんも家系を継続すべく、参画している。

豚の原料は同社に入ってきた段階にて、すでに番号が刻印されており、養豚場や生まれなどを追って知ることができる。

全体に塩で覆われ冷蔵庫で約2週間。

IMG_5338_convert_20180505050233.jpg

IMG_5336_convert_20180505050118.jpg

その後、熟成庫に入り、約1年間の長くゆっくりとした熟成が行われる。

IMG_5340_convert_20180505050409.jpg

同社での出荷は12ヶ月の認定マークをおされてからさらに数ヶ月おき、16ヶ月からが出荷のタイミング。

IMG_5343_convert_20180505050514.jpg

品質のチェック方法は馬のすね骨を尖らしたこのスティック。プロシュットの内部の状態を知る唯一の道具だ。これを骨の周囲5箇所に刺しては鼻で嗅ぎ…という原始的だが、最も正しい確認方法。

IMG_5344_convert_20180505050532.jpg

多くの豚の足の吊りさがる熟成庫は圧巻で、庫の扉をあけたときの熟成香はたまらない。

同工房では、ヴェネト独自の太いサラミであるソプレッサ、パンチェッタ等々もつくられており、ひとつひとつが人の手により形がつくられ、そのあとは時間とこの土地の空気でゆっくりと熟成が進められる。

IMG_5335_convert_20180505045910.jpg

IMG_5339_convert_20180505050256.jpg

IMG_5342_convert_20180505050456.jpg

IMG_5341_convert_20180505050432.jpg

一通り工房内を見学したあと、商品の試食タイム。塩味が適度で肉の旨みが甘くまで感じる肉製品たち。

IMG_5350_convert_20180505050553.jpg

モンタニャーナの生ハムの年間生産量は100,000本という。有名なパルマのそれはその20倍ほどもあるのだそうだ。
もっと多くに知られてほしい、ヴェネトの逸品のひとつ。




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
チーズの祭典「フォルマッジョ・イン・ヴィッラ (Formaggio in Villa)」 :: 2018/05/01(Tue)

毎年この時期に開催されるイタリア全土から集まるチーズの祭典。ヴェネツィア県のサンタ・マリア・ディ・サーラという町の、ヴィッラ・ファルセッティというヴェネツィア貴族の邸宅にて行われる。

期間は4月28日から5月1日まで。気候もよいこの時期、開催時刻より多くの人が足を運ぶ。

中世のお屋敷内、いろんな顔の会場が各ブースとなり、なんだか面白い空間づくりだ。

IMG_5250_convert_20180501125657.jpg

IMG_5252_convert_20180501125738.jpg

IMG_5253_convert_20180501125758.jpg

イタリア各地のチーズの生産者、サラミ生産者、ワインやクラフトビール、他、希少な生産物を集め、会場内、美味しいものでいっぱい。
チーズにいたっては、牛、羊、山羊乳、熟成の変わったもの…など。見た目にも珍しいものが数多く並ぶ。

IMG_5246_convert_20180501125632.jpg

IMG_5259_convert_20180501125856.jpg

IMG_5261_convert_20180501125926.jpg

IMG_5262_convert_20180501125950.jpg

IMG_5265_convert_20180501130029.jpg

IMG_5263_convert_20180501130009.jpg

サラミ、ハム類も然り。

IMG_5251_convert_20180501125718.jpg

IMG_5254_convert_20180501125816.jpg

IMG_5255_convert_20180501125837.jpg

展示即売することもあり、試食もあちこちにて、各自好みの商品をみつけては、購入…ということで、帰りは皆がたくさんの袋をさげて帰ることとなる。

中心の大きな仮テントでは、食事処も。ヴェネトを代表するアジアーゴの協会が仕立てる仮レストランでは、アジアーゴとグリーンアスパラをソースにしたマッケローニ、バッカラ・マンテカートを中身に詰めたトルテッリーニをアジアーゴのソースで…と、これでもか、というくらいなメニュー。

IMG_5278_convert_20180501130113.jpg

IMG_5279_convert_20180501130139.jpg

もう、これ以上無理…というのに、気づいたら自分も両手に袋を抱えている…




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
バッサーノ産白アスパラDOP (Asparago Bianco di Bassano D.O.P.) :: 2018/04/25(Wed)

ヴェネトの春、農産物のなかでは最も格高く存在するのは、バッサーノ産白アスパラ。

DSC_0346_convert_20180425150534.jpg

2007年より、野菜のなかでは数少ないD.O.P.の産地呼称を与えられている。そのブランド付きになるべきの条件とは、
・白い鮮やかな美しい色
・長さ18-22cm、直径11mm(最低)
・まっすぐとのびた美しいフォルム
・穂先がキュッとしまっている
・柔らかく、筋っぽくない
・見た目及び香りなどが新鮮であること
・1束は1-1.5kg
・束は全て同じスタイルで柳の若枝で結ばれていること
というものが主な条件

生産者は毎朝、日が昇る時間から収穫を始め、掃除して束をつくり、各地、各自の所属する協同組合にそれらを持ち込む。

IMG_5189_convert_20180425150733.jpg

IMG_5193_convert_20180425151031.jpg

IMG_5191_convert_20180425150756.jpg

重さや見た目、品質のチェックを受け、それに合格してはじめて緑色の「バッサーノ産DOP」の名札をつけてもらえる。

DSC_0283_convert_20180425150505.jpg

DSC_0355_convert_20180425150607.jpg

DSC_0350_convert_20180425150551.jpg

もちろん2級品も出てくるので、それらには、協同組合オリジナルのマークがつけられ、値段も少し下げて売られる。

DSC_0296_convert_20180425150519.jpg

DOPとして認められるのは、6月13日まで。この日はパドヴァの守護聖人であるサンタントニオの日。なぜこの日までなのか、というと、バッサーノの白アスパラの価値を見出して広めたのは、同聖人であったのと、季節的にこのあたりの日程がうまい具合に収穫最終時期に重なったことから。

ただし、近年では、5月の後半には、ほとんどの収穫は終了してしまっている。気候がだいぶ変化している理由から。
今年の春先はおまけに、低温と長雨続きで収穫のスタートがだいぶ遅れたが、ここ数日急に気温があがったこともあり、現在、旬真っ盛りだ。

この日、協同組合にアスパラを購入に訪れた時間は、ちょうど次から次へと生産者が自分たちの生産物を持ち込む時間帯。コントロールを受けるのに、順番待ちの状態だった。

DSC_0273_convert_20180425150414.jpg

持ち帰ったアスパラは、白いベシャメルたっぷりのパスティッチョ、茎の下部分と皮をブロードにして仕上げたリゾット、そして茹でてゆで卵と合わせて…とアスパラ三昧の夕食にて、満足。

DSC_0394_convert_20180425150903.jpg




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
パドヴァで食材を買うなら「Gastronomia Marcoin (ガストロノミア・マルコリン)」 :: 2018/04/13(Fri)

パドヴァーニの台所ともなる、ラジョーネ宮下の「ソット・イル・サローネ」とその建物を南北に位置するエルバ広場とフルッタ広場には、毎朝合計150店舗もの店が立ち並ぶ、大きなメルカートが開かれる。完全に地元民の通う、地元民で活気のあふれる場所だ。

ラジョーネ宮は通称「サローネ」とよばれている。だから、その建物の下(=ソット)は「ソット・イル・サローネ(=サローネの下)」。

ここは2本の廊下となり、建築当時の13世紀の時代から商店街であった場所。現在も、ここは食材店を中心に約80店舗が軒を並べる。扱われる食材は、肉加工品、チーズ、パスタ、魚屋、お菓子や、パン屋、惣菜屋…等々。結構な圧巻な光景で、数多くある店舗のなかでも、パドヴァの人たちそれぞれにご贔屓店があり、大抵は”いつもの”店に行って買い物をするのが通常。

私自身も、肉なら、チーズなら、魚なら、ハム類なら…という選択肢をいくつか持って、それらを回る。何よりも、安心して買い物ができるのが利点。

そんな店々のなかでも、私のなかで抜群に信頼を寄せている店がある。それが、このマルコリンという店。

DSC_0010_convert_20180413000559.jpg

チーズの種類の豊富さとその質の良さが特に気に入っているところ。購入したことはまだないのだが、惣菜なども彼らの工房でつくられるもので、それらの需要も多い。

DSC_0031_convert_20180413000718.jpg

DSC_0020_convert_20180413000635.jpg

DSC_0021_convert_20180413000656.jpg

DSC_0064_convert_20180413000929.jpg

もともと、現在の店主のステファノさんのお父様の代にこの地に店を開いたのが始まり。当初は、バッカラ(ストカフィッソ)とアリンゲ(ニシンの塩漬け)が専門だったとか。

今でのその名残にて、店に釣り下がるストカフィッソが目をひくし、時間のかかる水戻しのできたそれらも常備している。

DSC_0044_convert_20180413000742.jpg

戻したものを購入に行くと、用途を聞かれる。マンテカートにするのか、もしくはヴィチャンティーナにするのか、フリットにするのか、インサラータにするのか…大抵は、半分に切って売っているので、腹側と尾側で使い分ける。つまりは、腹のほうが繊維が弱くて柔らかいから煮物などに、尾側は繊維が強いので、マンテカートにはことらが向いている。

DSC_0057_convert_20180413000806.jpg

バッカラ商品に関しては、店のオリジナル性であることもあり、最近では、マンテカートの瓶詰めなどの加工品も販売するようになっている。もちろん手作りなので、これも美味しい。

DSC_0062_convert_20180413000848.jpg

こうして、ステファノさんの代に変わるにつれて、商品群は増えて、店頭に並ぶ他食材も幅広く置くようになったが、それらの質の良さは信頼のおけるものであり、小さな小さな店内は、いつもいつも人でいっぱいだ。

DSC_0068_convert_20180413000958.jpg

スタッフは総勢20名。皆食材に詳しく、そしてとても親切。真空パックなどのお願いにも対応してくれる。

DSC_0093_convert_20180413001022.jpg

Gastronomia Marcolin
Sotto il Salone 49, Padova
Tel; +39.049.8750654





テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ゴリツィアのバラ「ローザ・ディ・ゴリツィア」 :: 2018/02/24(Sat)

数ヶ月前に訪れた、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のゴリツィア地区にてひっそりと栽培されているラディッキオ、ローザ・ディ。・ゴリツィア。
前回は季節の始まりの頃に伺い、その畑に案内してもらったのだが、今回は、出荷をする作業現場を案内してもらう。

生産者の数も少なく、また、非常に長い期間をかけて生育させていくこの野菜は、非常に高価なもの。
ラディッキオの他品種では、それらのほとんどが畑に苗を植えていくのに対し、彼らのそれは、種蒔きからその作業が始まる。苗植え作業よりも3ヶ月ほど前倒しで作業が始まるのだ。

畑では、初夏にものすごい勢いで雑草が育つ。それらは刈ることなくそのまま放置。ラディッキオの畑なのか、雑草を生やし放題にした荒地なのか、区別がつかないほどなのだとか。
夏の終わる頃にそれらの雑草を刈り、ようやく地表に顔を出したラディッキオは日の目を見ることになる。それまでは、草に覆われていて、隠れていたから。

その時期までに、ラディッキオはとにかく土中深くに根をのばすことに一心となる。この地区の土壌は、砂利質なこともあり、根がぐぐっとまっすぐに下方に向けて根太く育っていく。これが、このラディッキオの命となる。

夏を終えて季節が移行するにつれてラディッキオは葉を何層にもつけ、巻きが整ってくる。まるで地表にはいつくばるみたいに畑に点在する感じ。

畑から収穫すると、光を遮った暗い作業場に運ばれる。ここで軟白が行われるのだ。

DSC_0063_convert_20180224013336.jpg

軟白は、このラディッキオの場合、水に通すのではなく、おがくずと馬糞ともみとを混ぜたものを使用する。季節や気候の変化でこれらの割合も変えるのだそうだ。なんでもその昔は、馬糞のみだったのだそうだが、現在は衛生的な問題もあり100%は禁止されている。

DSC_0041_convert_20180224013242.jpg

無造作にように並べられたそれらは、暗闇のなかで美しい真紅〜濃い紫色に輝いている。葉のつくりもしっかりとしていて、触ってみた感触も力強さを感じる。

寒さのなかでも耐え抜き、美しく剛健でありながら可憐。なんとも不思議な野菜…いや、野菜であるのか、と疑いたくなる代物。

DSC_0054_convert_20180224013300.jpg

DSC_0056_convert_20180224013315.jpg

生産者のアンドレア氏が自宅内に案内してくれた。自分の生産物を食べさせたいから、と。

農家の雑然とした造りの家に入ると、一室に私たちを迎えてくれるイキなしつらいが…。

DSC_0066_convert_20180224013355.jpg

この個性ある野菜を中心に、テーブルがセットされる、というなんともこれもイキな計らい。

まずは、生でオイルとビネガーをかけて。肉厚の葉は噛んでしっかりと歯ごたえがあり、甘みを感じる優しいが力強い生命の香り。

DSC_0067_convert_20180224013411.jpg

DSC_0074_convert_20180224013441.jpg

冬季限定なものだけに、彼らはこれをいくつかの瓶詰め商品として販売していく方向だというので、それらを試食させてもらう。

甘酢漬けやオイル漬け。

DSC_0083_convert_20180224013527.jpg

生のまま瓶詰めにしてざくろの絞り汁とともに低温加熱したもの。
細かく刻んでオイルと合わせて仕立てたクリームは、リゾットやパスタ、ブルスケッタの具材に、とそのまま利用もできる。

DSC_0107_convert_20180224013542.jpg

それにしても、ほんとに美しい野菜。価格が高すぎて、どんなふうにこれらに還元していったらいいかな…とは思案中だが、イタリア国内・国外でも、一流の料理人たちにも注目度の高い希少な野菜。

DSC_0075_convert_20180224013456.jpg






テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ヴェネツィア・メストレの美味しいお店「Al Cason」 :: 2018/02/20(Tue)

メストレは、ヴェネツィアの陸地の街。列車で旅をすると、ヴェネツィア本島のヴェネツィア・。サンタルチア駅の手前となる、ヴェネツィア・メストレ駅がそれにあたる。
とかく、列車の乗り換え駅となりがちで、その存在自体は、見落とされがち。旅行者にとっては、ヴェネツィア本島よりも宿泊代が安いから…という理由で、宿をそこにとり、日中はヴェネツィアへ…という使い方をされがちな場所でもある。

メストレの駅周辺は、イタリア国内、いまやほぼどこも同様な状況だが、移民が多くて少々危うい雰囲気の漂うような感じではあるが、街の中心は、結構とひらけていて、実はなかなかいい街でもある。
ヴェネツィアの人でも、ヴェネツィアの島での特殊な暮らしを後にし、陸地のメストレに移住する人も珍しくはない。特に家族などができると、自転車が使えて車でどこでも好きに移動ができる…という開放感から、物価の高いヴェネツィアを後にする人も珍しくはない。

とはいうものの、ここは正真正銘の、歴史的にも、いわゆる「ヴェネツィア人」の住む場所。人も文化も、もちろんヴェネツィアだ。

その街の郊外に数年前に知人から教えてもらった、メストレの、いやヴェネツィアの素敵なお店がある。

店の前面はバールになっていて、そこはおじさん達の溜まり場。一歩入ると中でワインのグラスを片手に頰を赤らめたいい年具合のおじさん達が一斉んジロリとこっちを見る。

レストランに食事に来たのか…?と聞かれて、背後にあるレストランに連行される。しっかり親切な人たちだ。
毎回行くのにいつも引き寄せられるように、この正面のバールから入店してしまう(この雰囲気が好きなんだな…)。ちなみにレストランには専用の素敵な入り口が存在する。

IMG_4126_convert_20180220192112.jpg

店内は、エレガント&クラッシック。冬場には、店内の中心にある大きな暖炉に火がついていて、温かみ抜群。

IMG_4121_convert_20180220192006.jpg

ここで食べるのは、ヴェネツィアならではの魚介料理。クラッシックでそしてその日のよい材料からできるシンプルなザ・ヴェネツィア料理がいただける。

この日はあまり時間のないなかの昼食。前に食べた美味しかったボンゴレのスパゲティが食べたくて、それを目当てに、軽く前菜をいただく。

IMG_4120_convert_20180220191940.jpg

運ばれてきたのは、シャコの湯でたのとエビの茹でたの、そしてグランセオラ。皿の上に清潔で上品に盛りあわされたこれらは見るからに美味しそうでパスタを待つ間に食べるにはちょうどよい量と内容だ。

おまけに食べて分かるのだが、とても丁寧に仕事がされている。エビもシャコも、フォークとナイフで簡単に身がはずせるように、きれいに切り込みが入っていて、手を汚すことなく、また、tべ残しも美しく終われるようになっている、細やかな配慮。

そして、お待ちかねのスパゲティ・アッレ・ヴォンゴレ。アサリは2種類のものを使ってあるが、小さいほうが身は小さいものの風味が濃い。

IMG_4123_convert_20180220192027.jpg

こちらはしっかりと手を汚しながらいただく。アッツアッツでほどよい茹で加減、ソースの絡みも抜群で非常に良いデキ。

あっという間に殻を入れる皿が山盛りになり、美味しく平らげた。

IMG_4124_convert_20180220192047.jpg

運ばれてくるパン籠には、ヴェネツィアのキオッジャ名物のくるりと円形になったグリッシーニ、ブッソラーイ。これは病みつきになる私の大好物で一度食べたら止まらなくなる危険な代物。

IMG_4116_convert_20180220191914.jpg

お天気のよいお昼どき、テラス席で気持ちのよい美味しい昼食をいただいた。
ご馳走さまでした。

IMG_4127_convert_20180220192132.jpg

Ristorante Al Cason
Via Gatta 112 Mestre Loc. Zalarino (VE)
Tel: 041.907907
http://www.alcason.it/it/
土曜夜、日曜休み




テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
バッサーノの地元種ブロッコリー Broccolo di Bassano :: 2018/02/09(Fri)

バッサーノ・デル・グラッパは白アスパラガスが有名な産地ではあるが、この冬の寒い時期のここの土地ならではの産物がある。それが、バッサーノ産ブロッコリー。

バッサーノの半径5km圏内のみで栽培されるもので、見た目はカリフラワーのようだが、色は少し黄色味がかっていて、小さく、非常に身が密で味が濃い。畑では、大きな葉にその姿を隠すように生育していくが、この葉の部分も捨てずに食べる部分だ。

IMG_3895_convert_20180209161216.jpg

収穫時期は11月の中旬から4月ごろまで。背後にはドロミーテの山麓を控える地域だが、その山麓からふく冷たい風により、気温の低い場所であるが、このブロッコリーの特徴としては、マイナス8℃までの低温にも耐えるという土地ならではの野菜だ。

寒い冬の日に畑に収穫に出かける。専用の鎌を手にし、一株一株の成長の様子を確認しながら茎の根元部分から採る。

IMG_3901_convert_20180209161307.jpg

大きめのものも小さめのものもあるが、それぞれに好みで美味しい。

この日に私が訪れていた農家は、この地でオーガニックの野菜をつくっている農家。対面販売とオーガニック野菜の共同購入団体、地元のレストランとに直接販売しているため、消費者との距離が近いこともあり、常にお客さんの顔を思い浮かべながらの収穫なのだそうだ。

IMG_3896_convert_20180209161242.jpg

ここの農家では、四季折々の野菜を多品目栽培をしているので、各季節の地元野菜がいろいろと見れて楽しい場所。

畑では、もうそろそろ名産のアスパラの畑作りの準備もそろそろ…というところだ。

IMG_3902_convert_20180209161326.jpg






テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。